MENU

パートやアルバイトでも審査を有利を進めるためには

キャッシングの審査に通るためには、金融業者の定める基準を満たしていなければなりません。審査基準として優先的に見られるのは、収入や他社からの借入状況です。最大のポイントは収入で、毎月安定した収入があれば審査に通る可能性が高くなります。でも、中には正社員ではないけれどキャッシングをしたいという方もいます。では、パートやアルバイトでも審査を有利に進めるためにはどうすれば良いのでしょうか。

 

まず大切なのは、安定性です。審査をする目的は、毎月きちんと返済できる能力があるかを確認するためです。ですから、年収としてはある程度の基準を満たしていたとしても、月々の収入にばらつきがあると審査が難しくなる可能性があります。ですから、パートやアルバイトの方が審査に通るためには、毎月継続して安定した収入があることが大切です。

 

勤続年数も大切なポイントです。勤続年数が短いと、すぐに仕事をやめてしまうかもしれないという印象を与えてしまうかもしれません。逆に、パートやアルバイトでも、勤続年数が長ければこれからも安定した収入が入ってくるという印象を与えることができます。ですから、現時点で勤続年数が短い場合は、少し時間を置いて、勤続年数を伸ばしてから申込む方が確実かもしれません。

 

もちろん、正社員より審査が厳しくなることは覚悟しなければなりません。ですから、確実に審査に通るためにはそれなりの対策として、希望借入金額を少なめにしておくと良いでしょう。また、申込書は正確に記入しましょう。収入をなるべく多めに書きたいという気持ちもあるかもしれませんが、申込書の正確性は、その人の信頼性に影響します。審査では返済能力と共に人間性が見られるということを覚えておきましょう。